株式会社 テクノコンサルタント

所在地 〒870-0108 大分県大分市三佐1丁目5番14号
代表者 甲斐 猛
担当者 ドローンセンター開設準備室 室長 土師 純治
電話番号 080-2739-9959
FAX番号 097-527-3911
URL http://www.oita-techno.com/
一言PR
『未来をみつめ、ロボットやドローンの活用と製造で世の中に貢献します』
会社紹介
総合建設コンサルタント会社として、早くから構造物診断に取り組み、近年では、ドローンによる調査の事業化にも力をいれています。
来年には「西日本ロボット・ドローンセンター」を設立し、従来業務に加え、非破壊調査システム及び水上ドローンの製造を開始致します。
西日本最大のロボット・ドローン活用・製造拠点を目指します。
出展商品・技術紹介
大型ドローンによるレーザー測量サービス
大型ドローンによるレーザー測量サービス

・世界最高レベルのRIEGL社製UAV用レーザースキャナ搭載。同機種搭載ドローンは、日本全国でも計13機。
・低高度から、50万点/秒の高密度スキャンが可能。
・プログラム飛行による高効率計測が可能。
・写真測量では不可能な樹木下の地形把握が可能。
・樹木の影響を除去可能な高精度測量を短時間で実施。

展示品
カタログ・チラシ類
水底調査用水上ドローン
水底調査用水上ドローン
開発中の完成イメージ図

・音響測深器と水中カメラ搭載の水上ドローン(開発中)。
・河床、湖底、海底の地形を把握することが可能。
・水難事故での人や船等の捜索にも活用できる。
・ダブルスラスター搭載で、急流や波、障害物に対応。
・GPSを搭載し、高さ方向を含む三次元位置情報を収集。
・IoTを活用し、現場収集データを即座に依頼者に送信。

展示品
カタログ・チラシ類
高周波衝撃弾性波法非破壊調査システム(AURIS)
高周波衝撃弾性波法非破壊調査システム(AURIS)

・高周波成分を利用した衝撃弾性波法による非破壊調査システム。25年の調査実績あり。
・打撃時の反射波の中から高周波成分を抽出して波形解析することで、従来よりも精度よい診断が可能。
・用途:基礎杭の寸法調査・健全性調査、岩塊や転石の根入れ・亀裂位置の把握、グラウンドアンカー健全性調査
・現在、自動打撃装置を開発中。

展示品
カタログ・チラシ類