JNCフィルター株式会社

所在地 〒530-6108 大阪市北区中之島3-3-23 中之島ダイビル
代表者 大森 光治
担当者 西日本営業グループ:課長代理 奥田 健吾
電話番号 06-6441-3257
FAX番号 06-6441-8836
URL http://www.jnc-corp.co.jp/filter/index.html
一言PR
『国内で原料から一貫生産したフィルター製品を有するメーカーです。』
会社紹介
当社は、化学メーカーであるJNC株式会社の子会社で、フィルターを素材から一貫生産しています。これまで、JNCの素材開発力や、物性解析力を活かし、様々なフィルターを開発してきました。今後も、クリーン性や、耐薬品性、更には細かい精度を要求される分野に、カスタマイズされたフィルターを提供する事が可能です。
出展商品・技術紹介
カプセルタイプフィルター「カプセラーRP」
工場・倉庫用高天井照明システム「ユニルーチェ」 カプセルごと交換するため、交換作業が容易で、フィルターハウジングの洗浄作業も軽減されます。また、薬品暴露、溶剤揮発による作業環境の汚染が防止できます。塗工機・印刷機へはヘルール配管で接続が簡単にでき、コーティング液の清澄、スラリー液の分別、樹脂粉等の除去が効率的に行えます。カプセル内には、当社製フィルターが組み込まれております。
展示品
カタログ・チラシ類
プリーツタイプフィルター「ポーラスファイン」
プリーツタイプフィルター「ポーラスファイン」 従来、PP製プリーツフィルターの高精度品は、事前に親水化処理をしないと水系の液は通液できませんでした。PP繊維の細繊化技術により、親水化処理なしで水系の液も通液可能となりました。これまで、PP素材では実現できなかった0.2ミクロンまでのグレードを提供可能です。また、PTFE製等のメンブレン膜品も取り揃えております。
展示品
カタログ・チラシ類
大流量タイプフィルター「GFRシリーズ」
大流量タイプフィルター「GFRシリーズ」 深層濾過型で大流量(1本で100〜200L/分)の処理が可能なフィルターです。繊維の交絡点が強固に熱接着されているため、圧力が上昇しても精度の経時変化が少なく、安定した濾過が可能です。バッグフィルターからの置き換えが可能な製品もございます。
展示品
カタログ・チラシ類
PR画像

JNC独自の熱接着性繊維技術により、繊維の各交点が強固に熱接着されているため、繊維素材の脱落が極めて少なく、濾過圧力が上昇しても濾過空間をキープすることから、濾過精度の経時変化が少なく、安定した濾過が可能です。